放送番組の編集の基準放送番組の編集の基準

放送番組の編集の基準

テレビやつしろ株式会社
放送番組の編集の基準
 
 
(1)番組の編成にあたり、すべての番組はそれぞれの性格に対応して、地域社会の視 聴対象者及び生活時間を    十分に考慮します。また、各番組相互間の調和が保てるように努めます。                                                                                                                                                              
(2)広告放送を実施する場合、地域広告放送は、当社の放送番組審議会で規定した番組基準を守り、公正な   広告宣伝活動を通じて公共、社会の福祉に役立つものとし、加入者の利益に反することのないように考慮しま   す。                                                                                                                  

(3)地域報道番組は、真実を公平に、かつ迅速に伝達し、視聴者の社会的関心を満足させるよう努めます。

(4)教育番組は、健全な社会人としての知識、技能等の資質向上に役立たせようとする積極的な意図をもって編   成にあたります。

(5)教養番組は、学芸など一般精神文化に対する理解を深め、視聴者の円満な人間形成に役立つようなものを編  成します。
              
(6)娯楽番組は、内容の低俗化を排し、社会の秩序、道徳、良俗に反しないように、番組の品位及び表現方法に  ついて十分考慮します。
                                                                                                 
なお、当社における放送番組の編集の基準は、以下に準拠するものとする。
       「一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟」制定
       一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟放送基準(2012年3月14日改定)
     「日本放送協会・一般社団法人日本民間放送連盟」制定                  
       アニメーション等の映像手法について(2006年4月1日一部改訂)            
    「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」
ページ最上部へ